Entries

板橋文夫 Fit! "あぁー!飯舘村!"




これは、板橋トリオの東北復興支援アルバムの第2弾となります。第1段は以下の布陣でありました。
板橋文夫QUARTET 板橋 文夫(P)、林 栄一(As)、瀬尾 高志(B)、外山 明(Ds)
1. がんばんべー!東北 2. MOON DYNE
これは、新譜試聴会で最初に聴きましてその後通しても聴いています。
残念ながらが購入はできていないのですが。。。

で、第2弾のこの盤は、先日板橋さんと峰さんのデュオを聴きにいったときに入手しました。

この第2弾のメンツは、最近のレギュラートリオとなります。
板橋文夫(P)、瀬尾高志(B)、竹村一哲(Ds)

演奏曲は、以下の通り。
1.分断された町
2.あぁー!飯舘村!
3.For You

1曲めの冒頭はさすがに重苦しいテーマを持ってきていて、瀬尾さんの奏でる重いビートの上で、一哲さんもあまり元気一杯にはぶっ叩けないまま淡々と進行するのですが、4分頃にうわっといって、徐々に一哲さんも決めるところは決め、瀬尾さんもアルコで場の雰囲気を(多少強引気味ではありますが)徐々に盛り上げていって..
それでも、根本の曲調は維持したまま、約8分の演奏が終わります。

2曲目は冒頭で多少は1曲目の雰囲気を維持しますが、30秒過ぎにテーマが出てくると、未来の希望を感じさせるちょっと明るめのフレーズを持った曲で、これによって雰囲気が徐々に明るくなっていくと、そのピアノのフレーズに促されてドラムとベースががっつりとしたリズムを刻みだすと全体にテンションが上がってきて、そのあがったテンションのまま大団円に向かう。後半の熱さはちょっと尋常じゃないものがあります。
そして3曲め。これは名曲でありますが、ノッケからストレートにテーマを奏で出したら聴衆は聴き入るしかないようなことになるんですが、しっかり最初のテーマを奏でた後に、リズムがぐぃぐぃと前に出てきて、アップテンポになりつつそれぞれの個性爆裂に演奏を盛り上げていくところは、圧巻としか言えませんです。

あまり大きくない会場なんだと思いますが、それぞれ曲が終わった後の聴衆の方々の盛り上がりようも、ちょっといい感じで収録時間も短いんですが、なんだか引き込まれるCDであります。

このレギュラートリオは、2010年のパワージャズで初体験をしていて、直近では一昨年2枚組 "New Beginning"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60841417.html) がリリースされていますが、年を追うごとに凄みを増していると言うか、ここでの演奏も相当に良いものでお勧めできます。

ベストは、なんだかんだいって"For You"になってしまいます。


板橋文夫 Fit! "あぁー!飯舘村!"(http://bowz.net/itabashi/)
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pabljxan.blog135.fc2.com/tb.php/1679-497b8503

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アルバム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

oza。

Author:oza。
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
76位
アクセスランキングを見る>>