Latest Entries

"Bleu" Hermon Mehari




Hermon Mehariというトランぺッターの初リーダー作ですが、これもリーダーは知らない人のをメンツ買いしたもの。
ここのところ、Aaron Parks参加作が多くリリースされているんですが、性懲りもなくそれらを見つけては買いしていたら、以下のような状況になってて我ながらビビってます(嘘)
 Luigi Masciari "The G-Session" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64146632.html)
 Ricardo Grilli "1954" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64018927.html)
 Francesco Ciniglio "Wood" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63836679.html)
 Joonsam "A Door" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63806898.htm)
 Albert Vila "THE UNQUIET SKY" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63683518.html)
 Mike Moreno "Lotus" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63592028.html)

本作は、そのAaron Parksと、最近作(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63492691.html)がPat Methenyが全面参加して話題になったLogan Richardsonが入っているところがミソ。
他のメンツは、Rick Rosatoが自blogで参加作が2枚出てきました。
Hermon Mehari(Tp)、Aaron Parks(P)、Logan Richardson(As)、Peter Schlamb(Vib)、Ryan J. Lee(Ds)、Rick Rosato(B)

演奏曲は、6曲がHermon Mehariのオリジナル(共作含)、Peter Schlambが1曲、John Coltraneが1曲、他2曲という布陣。
1. Tatra
2. Eleven Thirteen Une Nuit Noire
3. Don't Ya Think Interlude
4. Moment's Notice
5. Awakening
6. Cold (feat. Kevin Johnson)
7. Sunset Park
8. Our Journey Revisited
9. I've Grown Accustomed to Her Face
10. We Love

冒頭、いきなりエレピが出てきて驚くが、2管にAaron Parksのエレピが厚い音でテーマを鳴らすオープニング。
しかも、途中歪ませた音でのソロなんてのも披露してて、Aaron Parksやるな!と思わせる。
2曲めは、エレピと女声ボーカルが、悪い音で流れ、?となるが、それがイントロで4ビートの爽やか系のサウンドが本編。
Aaron Parksは生ピだが、Peter Schlambのvibが入ることで音の粒立ちを目立たせるような変化をもたらす。

この後も、エレピの曲、生ピとvibの曲がほぼ交互に現れてくるような感じで、おそらくこの2パターンでの音色の変化で全体の雰囲気の変化を見せようという魂胆(コンセプト)だと思われる。
ちなみに、管楽器はエフェクトなしの生音に終始する。

曲調としては、概ね8ビート、4曲めが4ビートという割り振りで、ベースがしっかり聴こえるようなバランス。
新しいジャズのサウンドを拡大させるような試みなんだと思うが、そこに旧来のジャズも混ぜることで親和性の高さをアピールしているかのよう。
6曲めでボーカルが入るのがアクセントになっている。

個人的には、5曲めでの疾走感のあるリズムに、vib、piano、tp、saxのこまめなソロ回しの格好良さと、特にvibの乱打調ソロが気に入ってます。

ということで、それをベストにします。


"Bleu" Hermon Mehari (https://www.amazon.co.jp/dp/B06X9JX94G/)

"One Minute Later" Diego Barber




Diego Barberのリーダー作を買うのは、これが3作め。
過去紹介の2作は以下の通り。
 "411" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62134232.html)
 "Choice" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60625739.html)
このあと、Craig Tabornとのデュオ作"Tales"(https://www.amazon.co.jp/dp/B00HZMRWIY/)ってのが出てて、2014年4月の新譜会(https://www.amazon.co.jp/dp/B00HZMRWIY/)で気になった盤として挙げているが、結局買ってはいません。

メンツは、 Eric Harland、 Ben Williamsという強力リズム隊に、Alejandro Coelloのマリンバ、パーカッションが入るという構成。
Diego Barber(g)、Alejandro Coello(marimba, perc)、Eric Harland(ds)、Ben Williams(b)

演奏曲は、すべて Diego Barberのオリジナル
01. Jacaranda
02. Atlas
03. Dilar river
04. Mulhacen
05. Trevenque
06. Big House
07. Veleta's Peak
08. Elevira Maria

マリンバによるソロ演奏が電子音に移り変わると、ベースとドラムが入ってくるイントロから、インド臭いフレーズにシタールっぽい音にバシャバシャいうドラムとが相まってマクラフリンを聴いているような雰囲気になる1曲め。
2曲めは、もう少し爽やかな曲調になるが、特に頻繁に早弾きもしているわけでもないがフレーズ使いからか音色からか、やっぱりどことなくマクラフリンの雰囲気が漂う。
3曲めは、短めで単純なリズムフレーズがテクノポップしているイメージ。
4、5曲めはアコギによるクールな雰囲気をも感じさせる美麗曲

最後は、アコギのソロ演奏で締めくくる。

全般に、非4ビート系多めでもあり、表面上は爽快感というかクールにさらっと聴かせるような温度感を感じさせる曲調ではあるが、なんかどこかにバタ臭さを垣間見るのは気のせいか。


基本形はギタートリオではあるが、Alejandro Coelloのmarimba、パーカッションが良いアクセントを加えている。
ピアノトリオにエフェクト音が入るスタイルのギタートリオ版にちょっとひねりを加味したものと解釈したが、それにしては、marimbaの存在感が大きいか。

ベストは6曲めでしょう。

"One Minute Later" Diego Barber (https://www.amazon.co.jp/dp/B06XSK2XJ7/)

"Dreamer Is The Dream" Chris Potter




Chris PotterのECMレーベルからの3作めです。
前作は、Underground名義の弦楽四重奏入りで、ECM初作の"Sirens"は本作同様の1ホーンカルテットでした。
 "Sirens" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61792211.html)
 "Imaginary Cities" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63080211.html)

メンツは、"Sirens"でCraig Tabornとピアノを分け合っていたDavid Virellesに、ここのところ参加作が増えているJoe Martinと、最近の注目株と言えそうなMarcus Gilmoreという布陣。
Joe Martin、Marcus Gilmoreコンビってアルバムも自blogを漁るといくつか出てきて、近作では
 Mark Turnerの"Lathe Of Heaven"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62908331.html)
 Gilad Hekselmanの"This Just In"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61991560.html)
なんてのがあります。
Chris Potter(Ts,Ss,BclCl)、David Virelles(P)、Joe Martin(B)、Marcus Gilmore(Ds)

演奏曲は、すべてChris Potterのオリジナル。
01. Heart In Hand
02. Ilimba
03. The Dreamer Is The Dream
04. Memory And Desire
05. Yasodhara
06. Sonic Anomaly

エッジの効いたChris Potterのサックスが、バラード曲に映える1曲め
カリンバのような音色でのイントロが少しアフリカ色を感じさせ、そのリズムを基にして進行する2曲めは、Chris Potterが快調に飛ばし朗々と吹きまくるソロも格好良いが、それに続くDavid Virellesの静かにメラメラ燃えるようなソロにもなんか惹かれるものを感じる。
バスクラのしっとりとした音色で朗々と奏でられる前半から、ベースソロを挟んで後半ではサックスに持ち替えMichael Breckerのバラード演奏を彷彿とさせる感涙の演奏の3曲め。
続いて4曲めは、鈴のような鳴り物多数(シンセも含む?)によるイントロから、Wayne Shorterを彷彿とさせるスピリチャル感たっぷりの演奏。
前衛的というか、有無をいわせない突進ぶりを感じさせるフリーインプロな雰囲気をたっぷりと蓄えた5曲め。
ビートはしっかりめでドラムの拍は判るが、フロントは拍に捕らわれない演奏をするポリリズムな曲で、スッチースッチー言うドラムとゴリゴリのベースのリズムが特徴的な、現代ジャズ感溢れる6曲め。

全体に、Ellingtonのジャングルサウンドとは異なるが、鬱蒼としたジャングルっぽさを感じさせるような作風が多めと言う印象ではあります。
が、あのECMレーベルでありながらECMらしからぬ部分を多く持ち合わせ、Chris Potterの持ち味をしっかり引き出した作品には仕上がっていると思います。

ベストは6曲めでしょう。

"Dreamer Is The Dream" Chris Potter (https://www.amazon.co.jp/dp/B06VWMV2WN/)

"Find The Way" Aaron Parks




Aaron ParksのECMの2作めは、ピアノトリオ編成。
前作は、ソロでした。
 "Arborescence" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62400736.html)
Aaron Parksのリーダー作としては、昨年夏に同じくピアノトリオ作が出ています。
 "Groovements" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63834370.html)

ただサイド参加もかなり多めで、それらをしっかり買って聴いているので以下のようにたっぷりと紹介していますw
 Ricardo Grilli "1954" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64018927.html)
 Francesco Ciniglio "Wood" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63836679.html)
 Joonsam "A Door" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63806898.htm)
 Albert Vila "THE UNQUIET SKY" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63683518.html)
 Mike Moreno "Lotus" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63592028.html)
 "The G-Session" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64146632.html)

サイド参加作も少人数(3~4人)での演奏が多めですが、Aaron Parksにはこれくらいの人数での演奏が合っているんでしょう。ホーンとの共演って少ない?無い?かな??
Aaron Parks(P)、Ben Street(B)、Billy Hart(Ds)

演奏曲は、最後のタイトル曲以外、すべてAaron Parksのオリジナル。
01. Adrift
02. Song For Sashou
03. Unravel
04. Hold Music
05. The Storyteller
06. Alice
07. First Glance
08. Melquiades
09. Find The Way

ここのところサイドメンとして入っているAaron Parksを多く聴いていましたが、ここでは、ピアノ主役でピアノトリオと言う小編成での演奏ということで、より前面に出たAaron Parksのピアノを楽しむことができる。

演奏としては、完全に3者対等の立場での演奏って感じで、ピアノの左手が主にリズムキープを担い、ピアノの右手がテーマを演奏し、ピアノの右手、ドラム、ベースが、三つ巴それぞれにインプロビゼーションを繰り広げるような演奏が大半を占める。

曲調も、Aaron Parksらしい静謐でリリカルで繊細なものが多い。ただ、ビート感は希薄でもリズム感はしっかりしているものが多く、難易度としてもそう高くは感じられない。

なにより、いわゆるECMサウンドに輪をかけるように、Aaron Parksがピアノを良く響かせ、ECMのサウンドカラーを(もの凄く良い意味で)より強調させるサウンドを聴かせているところが素晴らしい。
なんだかんだ、やっぱりAaron Parksの上手さ、巧さを見せつけられ、それに十分満足できる演奏だったというであります。

ただ、Billy Hartのドラムが多少出張って強いサウンドイメージを残す場面があって、とくに1曲め40秒過ぎみたいなタム連打(その後も何回かやってるが)とか、全体の雰囲気を損ねていると感じられる箇所が見受けられますかねぇ..。
ブラシとかで抑制の効いたドラムを聴かせている場面も多いんですけどね..。

ベストは、9曲めにしましょう。

"Find The Way" Aaron Parks (https://www.amazon.co.jp/dp/B01N4U24RM/)

竹村一哲ds×井上銘g×織原良次eb (20170609)



この3人のユニットは、No Trunksでだけ演奏していてこれが2回めのライブ。
前回も聴きたかったがタイミングあわず残念ながら見送ったので、今回はけっこう前から楽しみにしていたので2週連続のライブで翌日イベントがあるが参戦。

竹村一哲は、板橋トリオのレギュラードラマーで、ライブでもCDでも聴取頻度はかなり高い。
最近聴いたのは、板橋Gの"Alligator Dance 2016" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63979738.html)
織原良次は、橋爪トリオ、NHORHM、Tokyo Zawinul Bach等で、こちらもライブでもCDでも聴取頻度は高い。
近作は、橋爪Gの "Incomplete Voices" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64159819.html)
井上銘が、リーダー作は全部聴いてるし参加作もいくつかは聴いていますが、ライブは初。
自分でもちょっと驚いている。
そういえば、板橋トリオのベーシストが先週、ドラマーが今週ということですね。

舞台は、左奥にドラム、その手前にギター、ベースは右だが扉を邪魔しない程度に内側に立つ。

定刻から10分程度遅れて開演、1stセットが1時間弱、2ndセットが45分+アンコールくらいだったか、聴衆は最終的に25人にはなっていたと思う。

演奏曲は、スタンダード、ジャズメンオリジナルを中心にしたもので、Ron Carter、Bud Powell、Thelonious Monkに、Pat Methenyといったラインナップに、織原さんのオリジナルが数曲入ってました。
3人が持ち寄った曲から選んだんだそうだが、織原だけ自分のオリジナルばかり持ってきたということらしいw

ギターは足元の機材多めで、そう派手では無いがコンテンポラリ系からロックでも通用しそうな音色。
演奏中も、こまめに足でスイッチを操作し(激変はさせないが)音色、エフェクトの変化を加えていく。
ベースは、過去に聴いてた織原サウンドよりは明快なフレーズと聴いたが、これは井上のサウンドスタイルに合わせている感じか。
ドラムも、ダイナミックでありながら、全体の雰囲気に合わせるように繊細かつ微妙に調整したドラミングを聴かせ、巧さを見せる。

このメンツだと、8ビート中心のロック調の演奏を予想していたが、実際は前述の通り、4ビート基調のビバップ、ハードバップな曲が中心で、フレーズを含めて音の肌触りはコンテンポラリと言えるもの頻出だが、これらの曲との融合具合が想像以上に良くて、若いギタートリオが古いジャズの曲を演るときの好適なスタイルと言えるんじゃないかと思うくらい。
非常に満足度の高い至福のときを過ごさせてもらいました。
アンコールは、井上がこれ演りたいと言ってたと思うが、Mistyで終演。

翌朝、ツイッター眺めてたら、井上が、「今日のノートランクス楽しかった~!オリさん一哲くんとまた早くやりたい!」なんて書いてて、多忙な3者だが、またこの3人でのライブは楽しめそう。

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

アルバム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

oza。

Author:oza。
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
939位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
48位
アクセスランキングを見る>>