FC2ブログ

Latest Entries

"People Of The Sun" Marcus Strickland




Marcus Stricklandのリーダー作は、"TWI-LIFE"名義だと2016年の"Nihil Novi"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63763192.html)、2006年の"TWI - LIFE"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/55621154.html)の2作が出ているが、それ以外でも2011年の"Triumph of the Heavy Vol.1/2"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60955970.html)(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60952619.html)と、これまであまりリーダー作に恵まれた状況とも言い難いものがあった。
が、前作からBlueNoteレーベルからのリリースになっているので、世間的にも実力が認められ、本格的な進撃が始まっているんだろうなと思わせる。
2017年のBlue Note All-stars(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64324050.html)とか2018年のChristian Mcbrideの近作(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64707632.html)等いろいろなアルバムに参加していることからも快調に進撃していることをうかがわせる。

Twi-Lifeと名乗っているが、過去作と特にメンツに共通性があるようには見受けられず、本作はカルテット編成にゲストたくさんという感じのクレジットでした。
Marcus Strickland(Sax,Bcl)、Mitch Henry(Key,Org)、Kyle Miles(B)、Charles Haynes(Ds)
GUEST
Bilal(Vo:4)、Pharoahe Monch(Lylics:4)、Greg Tale(Oration:4)
Akie Bermiss(Vo:6)、Jemaine Holmes(Vo:10)、Keyon Harrold(Tp:6,10)、Weedie Braimah(Per:1,2,6,10,11)

演奏曲は、共作を含むMarcus Stricklandのオリジナルで占められています。
01 Lullaby feat. Weedie Braimah
02 Timing
03 People Of The Sun feat. Mitch Henry
04 On My Mind feat. Bilal, Pharoahe Monch, and Greg Tate
05 Relentlessness
06 Marvelous feat. Akie Bermiss
07 Black Love
08 Build
09 Make Sure To Return
10 Aim High feat. Jermaine Holmes
11 Spirit Of The Music

演奏を主体としたトラックに関して言えば、ドロンとした低音の最近のブラックミュージック的なものも含まれるが8ビート系のハードな演奏が中心となっている。
そんなサウンドにMarcus Stricklandらしいゴリッとしたサックスを楽しむことができているという認識で、個人的満足度も高い。

ただ、ボーカルが入る曲とか、演奏以外の部分(これも演奏の一部だと言われれば反論はしませんが)も
昨今のブラックミュージックの流行りにしっかり乗っかっているのも事実。
人声を多用して、歌詞のあるしっかりした歌唱から、声を楽器として使うボイスだけでなく、演説みたくしっかり話しているパートもあり、パトカーのサイレン音(これも流行り音だと思う)もお約束然と入っていくる。

自分も含めて楽器演奏を主体としたジャズの演奏を楽しみたいクチには、不満の種にも…。
が、そんなパートにうんざりしてくると、ガッツリとした演奏が入ってきて溜飲を下げる。
そんな感じでアルバムが終わるような塩梅。

ベストは、8曲めにします。

"People Of The Sun" Marcus Strickland(https://www.amazon.co.jp/dp/B07H5VVJ97/)

"Trilogy II" Chick Corea





Chick Coreaの"Trilogy"は、2013年9月に1つめがリリースされていましたが、このときも国内盤が先行発売されていて輸入盤を待っていたら、2013年の年間ベストに挙げている人が多く、年が明けてから国内盤を購入しています。
結局、輸入盤は約1年後にリリースされたので、待たないで正解だったということがありました。
その2作めが2018年の12月に国内盤が先行リリースされました。
上述のとおり買うなら輸入盤を待たずに国内盤を買うべきなのですが、"買うなら"でちょっと迷いまして、結局、年が明けてから国内盤を購入しました。
前作の紹介は
 "Trilogy"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62465842.html)

前作は、2010年2012年の演奏をまとめたもので、本作は同じ2010年2012年の演奏が半分に、2016年の演奏を半分加えた構成。ただ、同じ日の演奏は少なく2012/11/23の2曲だけのよう。

メンツは盤石の3人。
Chick Corea(P)、Christian McBride(B)、Brian Blade(Ds)

演奏曲は、スタンダード、Chick coreaのおなじみの曲にStevie Wonder等をいれたもの。

Dins1
1. How Deep Is the Ocean
2. 500 Miles High
3. Crepuscule with Nellie
4. Work
5. But Beautiful
6. La Fiesta

Disk2
1. Eiderdown
2. All Blues
3. Pastime Paradise
4. Now He Sings, Now He Sobs
5. Serenity
6. Lotus Blossom

いわゆるピアノトリオの王道的な演奏で、なんのてらいもなくストレートにジャズを演奏しているような作品。
淀みなく次から次へとフレーズを繰り出し、そのフレーズ毎にちょっとずつ雰囲気が変化して息をもつかせぬ展開を見せる。
創造性豊かなフレーズに、丁々発止のインタープレイを名手ならではのクオリティで聴かせるから、そりゃ悪かろうはずがない。
さらに、選曲がスタンダードは言うに及ばず、Chick Coreaが故の選曲が嬉しいところ。
500 Miles High、La FiestaにNow He Sings, Now He Sobsと来た日には、泣く子も黙るどころか笑い出すんじゃないかと。

そんななんで、まったくもって身構えずに聴けるくらいにはオーソドックスでありながら、わくわくさせるだけの展開のおもしろさも持ち合わせている。
そんなところがこの作品の大いなる価値になっている。

ベストは、だからどの曲でも良いんですが、短時間に凝縮されたDisk1の4曲めにしましょう。


"Trilogy II" Chick Corea(https://www.amazon.co.jp/dp/B07J34K4DY/)

Herbie Hancock "Tokyo 2016"



2010年にアルバム "Imagine Project"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59963827.html) がリリースされてからなりを潜めている(わけではなくAnniversary的なイベントでだけ名前を見る)Herbie Hancockですが、ここ数年新譜のための録音を進めているという噂だけは流布されてますが新譜が出るという具体的な日程等は全然出てこない状況が続いております。
そんな状況のなか、Bootlegを買おう!!というモチベーションがあがったので、あわせて最近のHerbie Hancockの演奏を聴いてみようと思ったのが、本盤の入手動機。
そもそも入手しようと思ったBootlegは、Pat Metheny関連の下記2枚でありました。
 "Tokyo 2009"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64733043.html)
 "Dusseldorf 2018"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64733106.html)

要するに、Herbie Hancockの新作が早く聴いてみたいというのが率直なところ。
先日、某タイミングでこれをかけたら、その直後に返す刀的に、Marcin Wasilewskiの"Live" (https://www.amazon.co.jp/dp/B07DXJJL6Y/)の6曲めをかけられたのは、この盤を買う動機になっていることも否定いたしません。

本作は、2016年の「東京JAZZ」(http://www.tokyo-jazz.com/2016/)での音源を・・したもので、中堅実力者を揃えて、往年のヒット曲を演奏しましたというスタンスは否定できるものではありません。
でも、80歳を目前にしたこの年齢でどんな演奏を披露しているかってのは興味津々ではあります。

メンツは以下の通り。
Herbie Hancock(P)、Terrace Martin(Kbd,Sax)、James Genus(B)、Trevor Lawrence Jr.(Ds)、Lalah Hathaway(Vo3)

演奏曲は以下の通り。
1.Actual Proof
2.Overture
3.Come Running To Me
4.Mirror
5.Cantaloupe Island
6.Chameleon

バスドラの連打を中心としたイントロからの有名曲。短めの演奏で、曲としてもライブのイントロ的な役割がありそう。
MCが入ってメンバー紹介から、ちょっとエキゾチックなリズムから、組曲的にサウンドカラーを変えつつ、さまざまなヒット曲なんかも混ぜ込んでくる長尺の2曲め
Lalah Hathawayが入って渋いボーカルを聴かせる3曲め。
が、そのLalah Hathawayは、これと短めの次の曲の2曲だけという贅沢な起用。
後半は、Cantaloupe IslandからChameleonと、こちらも元曲のイメージを崩さない演奏。
Terrace MartinがSaxでテーマを奏で、Herbie Hancockとソロの応酬をみせる。このソロの応酬は聴きごたえあり。

2曲めでのTerrace Martinのキーボードが実にファンクなサウンドを突っ込んできてファンク濃度が上昇してる印象。
もっとも、ここぞというところはHerbie Hancockが持ってって格好良いソロをしっかりと決めてくる。そのセンスの良さは健在。

長らく新作録音中って噂は聞こえてきていて、ここでの新しいサウンドの片鱗も期待したが、Terrace Martinの繰り出すサウンドが片鱗なのかなぁと勘ぐるが。

ホールトーンで響くバスドラが目立つのは会場での録音らしさで、これが実は一番印象的。

ベストは、いろいろなテイストを混ぜ込んでいて楽しい2曲めと思ったら25分もあるので、躊躇するが、ここがハイライトであることは間違いなさそう。

http://www.cyberseekers.com/promo_hh2016-j.htm

"Another Track of "Kind of Blue”" Miles Davis




このブログを開始したのが2005年2月で、Miles Davisが没したのが1991年9月。
このブログは新譜紹介を主としているのでMiles Davisが登場することはほとんどないんですが、検索すると7つの記事がありました。

初期に紹介の旧作(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/32617400.html)と、ちょっと後に紹介の発掘音源(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60702977.html)とが大半。
書籍紹介なんて記事(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/45879080.html)も残っています。
直近ではRobert Glasperが絡んだ作品(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63792606.html)なんてのがありました。

さて、本作です。
"Kind of Blue”以外にも、レコーディング風景をそのままパッケージしたBootlegの存在ってのがあったはずで、少し調べた範疇では、”Round About Midnight”, “Milestones”, “Seven Steps To Heaven”なんてのが存在しているのが見つけられます。

なんでも、1980年前後にCBS SonyがMiles Davisの未発表音源をリリースしようとしてColumbiaの倉庫漁りをし、相当数のテープをコピーして日本に持ち帰った。
それを世に出そうと準備していた時に、ColumbiaからMiles Davisは復活するから未発表音源のリリースするおいう企画はお蔵入りした。
が、関係者が不正にコピーして横流しした音源が巡り巡ってBootlegとして世に出たということのよう。(故中山康樹の文より)

さすがに全部はこんなセッションアルバムを買い集めて聴こうなんて気はおきませんが、これら一連の音源の最初が、この"Kind of Blue”の録音風景を収めたものだったと記憶していまして。
当時からそれがどんなものだったのかと興味津々であったのですが高い金出す気にもならず、先日中古漁りをしていた時に安価なのを見つけて、思わず購入してしまった次第であります。
ここまでの名盤の関連作となると、蔵出しからどれだけ年月が経過しても色褪せないと言う意味では中古で安価に買える冥利につきる音源とも言えます。(非正規盤でもありますし..。)

メンツは、当然ですが名盤のメンツそのまんまです。
Miles Davis(Tp)、John Coltrane(Ts)、Julian Cannonball Adderley(As)、Bill Evans(P)、Wynton Kelly(P)、Paul Chambers(B)、Jimmy Cobb(Ds)

track単位ではそれぞれ3曲分と2曲分の演奏が収まっていますが、オリジナルアルバム通りFreddie FreeloaderだけWynton Kellyで、他はBill Evansがピアノの椅子に座っているようです。

1 Recording Session of Freddie Freeloader, So What, Blue in Green
2 Recording Session of Flamenco Sketches, All Blues

当時は貴重なテープを回しているので、演奏と関係無いような場面の音はあまり残ってなく、いくつかのテイクとその前後の音が少々といった塩梅の収録内容。

採用テイクと異なる演奏での、アドリブが聴きなれたものと異なる違和感、きっと途中で切れるんだろうなと変な勘繰りをしつつ、そこまでの演奏のある種の違和感がなんとも変な雰囲気を醸し出す。
かと思えば、So What 冒頭のテンポの取り方、ピアノの打鍵の強さとか、微妙にコントロールしている、かなりの緊張感を感じさせる演奏を続けざまに聴かせたり、マイクにノイズが乗って中断とか、演奏が無事最後までいったあとの安堵感を感じさせる音(話し声、口笛、笑い声)等々が臨場感を伝えていて、数回聴いているぶんには充分楽しい内容。

ただ、愛聴するような作品ではなく、記録として貴重な内容ということだと思います。
それにつけても、一連のSo What セッションは相当な聴き応えがあることは保証いたします。

http://modernjazznavigator.a.la9.jp/chat/ch158d.htm

Pat Metheny Quartet "Dusseldorf 2018"



Pat MethenyがPat Metheny Groupの活動を(結果的に)止めた2010年に"Orchestrion"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59090701.html)をリリースし、それまでPat Metheny Groupで演奏の厚みに貢献していたNana Vasconcelos, Pedro Aznar, Armand Marcal等々の実力メンバーのスケジュールの大半(あえて全部とは言わない)をコントロールしなくても良い状態を作り、
その後の"Unity Group"名義(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62494023.html)での2014年のライブでは小規模の装置を持ち込み、その真価を発揮させるライブを日本でも堪能(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62865729.html)させていただきました。
そして、"Unity Sessions"で、Lyle Mays以外のキーボーディストとの共演となるGwilym Simcockの参加。
過去に、サックス奏者との共演をMichael Brecker没後、Logan Richardson "Shift"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63492691.html)のリリースまで封印していたことを考えると、新しいキーボーディストを迎えたというのが、心境の変化(整理ができた)という可能性が高く、Pat Metheny Groupという名が神格化されているとすると、このユニットでその名称を使用する可能性も!!
なんて、妄想を書いたのが下記記事で2016年のもの。
 Pat Metheny Group(妄想)考(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63844782.html)

そんなわけで、このメンバーでの正規リリースのアルバムはこれまでリリースされていません。
ちなみに、2019年早々に、
Linda May Han Oh(B), Gwilym Simcock(P)のドラムレストリオ、
James Francies(Key), Nate Smith(Ds)とのトリオ
と、2つのユニットでの演奏を日本で披露していますが、後者はその後のツアーもするようで、どこまで活動が継続するかが気になるところ。

さて、本作は、Quartet(https://www.amazon.co.jp/dp/B000000OVE/)と同じで、最後(?)のPMGとしての
ライブ(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64733043.html)と

Pat Methny(G)
Linda May Han Oh(B)
Gwilym Simcock(P)
Antonio Sanchez(Ds)

本作は、2018年7月13日にドイツで行われたライブを収録したBootleg。
演奏曲は以下の通り。

Disk1
01 Introduction
02 Pikasso
03 So May It Seceretly Begin
04 Bright Size Life
05 Sirabhorn
06 Third Wind
07 Always And Forever
08 What Do You Want
09 UnquityRoad
10 James
11 Slip Away
12 The Red One
13 Band Introduction

Disk2
01 Farmer'sTrust
02 Untitled
03 Unity Village
04 Better Days Ahead
05 When We Were Free
06 Medley (solo Ac-G)
07 Are You Going With Me

演奏は、上記の通りPMG時代の曲を多く採用し、PMG以降の曲は数えるほどじゃないかと..。

2014年の"Unity Group"でのライブ(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62865729.html)と構成も近く、ピカソによるソロからPMGのレパートリーへと続くもの。

演奏は、Pat Methenyのギタートリオ然とした場面が印象としては強めで、Gwilym Simcockが伴奏で自己主張してくる場面ってのがあまり多くない印象。
もちろんソロはあるが、全般的にはあまり目立った感じがしないのは、録音のせいかもしれない。

Antonio Sanchezのキレの良いドラムリフとか、Linda May Han Ohのメロディアスなベースとかのほうが聴こえているのはホールトーンがのっかっているからか。

Gwilym Simcockの数少ないソロは、Lyle Maysと比較して、美しさの極みみたいなところへはいかずに、よりアグレッシブでありながら若干控えめな雰囲気を醸す演奏で実は好印象。


ベストは、Gwilym Simcockが良く目立ったDisk2-4曲めにしましょう。

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

アルバム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

oza。

Author:oza。
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
31位
アクセスランキングを見る>>