Latest Entries

林正樹 "Lull"



林正樹さんのソロ作で、これは図書館で見つけて借りてきたもの。こういうのまで置いてある図書館は貴重です。自分の市ではないんですが..。
過去に聴いているのは、デュオ作等2人以上で演奏しているアルバムばかりで、林正樹ただ1人での演奏のアルバムを聴くのは、これが初めて。
 "Pendulum"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63495170.html)
 "El retratador"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62617345.html)
 "Double Torus"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61724220.html)
HPを眺めると、現在まででリーダー作(共リーダー含む)が13枚出ていて、この時点での最新作は、金子飛鳥さんとのデュオ作。
 "Delicia"(https://www.amazon.co.jp/dp/B072XB114Q/)

自分の守備範囲がいろいろと広がり過ぎているのでとりあえず買って聴こうとはならないが、都度チェックは続けていくことになるんでしょう。

本作は、ソロなのでメンツはシンプルに。
林正樹(P)

演奏曲も、林正樹のオリジナルだけです。
1. Analogy
2. Values
3. Cave
4. Terpsichore
5. Lull
6. Room
7. Elect
8. Fighter
9. Voyage

1曲めは、左手が刻むリズムに乗って右手での美麗なフレーズが映えるアメリカンなテイストをそこはかとなく感じるもで、どことなくキースジャレットの演奏を想起させる。
ゆったり目のテンポで低音2音の反復が延々続くうえでゆったりとしたフレーズが流れていく、サティを聴いているような気分になる3曲め...。
前半は、低音で提示されるリズムに特徴を感じさせる曲が多い印象。
後半は、メロディアスな低音と、メロディアスな高音のコラボレーションを、楽しむような曲が増えてくるか。
柔らかなタッチで鍵に触れるくらいの強さで奏で、さらに音数を少なくしてゆったりとたゆたうような雰囲気を醸し出しす。
"Lull"は"小康"と訳すらしいが、どうにか穏やかな状態を保っている。危うい気配を醸しながらも穏やかな雰囲気を湛えたような演奏というのは、言えているなぁと..。

ピアノの打音の硬質な音色にホールトーンがまとわりついていくような録音で、林の雪国のモノクロームな世界を想起させるサウンドの温度感をより下げていく。
繊細にタッチをコントロールして微妙なニュアンスを引き出してくる林のセンスを遺憾なく発揮した演奏と言えるでしょう。
相変わらず、実に静謐に美しい。

ベストは、6曲めで。

林正樹 "Lull"(https://www.amazon.co.jp/dp/B01LXRGQER/)

Edward Simon "Steel House"



Edward Simonのリーダーアルバムです。Edward Simonのアルバムは過去に4枚買ってますが、前作の紹介が2013年なので、かなり久々に聴いています。
 "Unicity"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/43081647.html)
 "Poesia"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/58197818.html)
 "A Master's Diary"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61353568.html)
 "Live In New York At Jazz Standard"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62008369.html)
2016の、"Latin American Songbook"(https://www.amazon.co.jp/dp/B01IKH1RTW/)を聴いていません。

これはメンツ買いしているんですが、過去に聴いているのが、
John Pattitucci(B)、Brian Blade(Ds)というトリオと、、Scott Colley(B)、Clarence Penn(Ds)というトリオで、本作はちょうど折衷的な構成になっているところがおもしろい。
Edward Simonが信頼しきっている4人ってことなんだとは思いますが、巷での人気具合からして、それだけのメンツではあります。
Edward Simon(P,Key)、Scott Colley(B)、Brian Blade(Ds,PumpOrg)
Guest: Genevieve Artadi(Vo:2)

演奏曲はすべてメンバーオリジナルで、Edward Simonが3曲、Scott Colleyが4曲、
Brian Bladeが1曲という割り振り。
1. Glad You're Here
2. What If ?
3. Kingpin
4. 87.5% Of You
5. Way Of No Return
6. Country
7. The End And The Beginning
8. Lover's Park

電子オルガンによる持続音から、ベースが主旋律を奏でる3分程度の1曲め。
電子ピアノによるイントロからアコピに変わって本編テーマになだれ込み、後半の左手が単音をテンポを変えず抑揚をつけながら延々と弾き続けるなかでの右手でのソロからボーカルが入ってくる展開は、ドラムのドラマチックなバッキングと相まってなんとも格好良い。

電子ピアノ、電子オルガン、アコピをイヤミにならない程度に使い分けて、反復のフレーズを使ったリズムをピアノの左手が担い、そのうえでベースとピアノの右手による旋律の競演、共演という構図が新しさを醸し出す。

ピアノが器用にサウンドの基盤を担っているために、メロディアスなベース、ドラマチックに盛り上げるドラムが、名手たる所以の盤石な演奏をたっぷりと披露していて満足度が高い。
それにつけても、本作でのScott Colleyは良い仕事をしている。

前半は電子ピアノを多めに使ったちょっと早めなテンポの曲が多く、後半はアコピ多めのバラードな曲が増えてくる印象になるが、全体の印象としては、とても現代的な響きを持った曲が並んでいてコンテンポラリーピアノトリオのおもしろい演奏を体現していると言えるでしょう。。

ベストは、6曲めにします。


Edward Simon "Steel House"(https://www.amazon.co.jp/dp/B077CL8NZT/)

南博、瀬尾高志 デュオ (20180210)




本年10月に続いて、通算3回目の、南博、瀬尾高志のデュオです。おおよそ3~4カ月に1回という頻度の高さでライブを行っています。マスターもこのデュオは相当気に入っているんでしょう。
前回、前々回の記事は下記のとおり。
 "南博、瀬尾高志 デュオ (20170602)"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64153299.html)
 "南博、瀬尾高志 デュオ (20171006)"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64283969.html)


楽器配置は最近のデュオでの定常的なセッティングである、ピアノを左側まで移動したステージセッテイングで、はずせる板は全部外れていたと思う。
ベースにもピアノにもマイク関連は使っていませんでした。ドラムが入らなければ音量バランス的にはそれで充分です。
南博(P)、瀬尾高志(B)

ライブは、20時を10分も過ぎたあたりで開演。

今回も、ほぼ曲ごとに簡単な紹介をしてから演奏を始めるスタイルで、2ndセット後半では、往時の先輩から曲を教えられた時のエピソード(下ネタ)なんかも披露してくれましたw。

演奏曲は、スタンダードを中心に、Carla Bley、南さんのオリジナルなどを演奏。
1stセットめが50分くらい、2ndセットが40分くらいで、4曲程度ずつの演奏。アンコールはタイミング的になしという解釈になると思うが..。

今回のライブでも、個人的には南さんのピアノの楽しさ、素晴らしさをたっぷりと楽しませてもらったわけだが、今回は鍵を押し込んだ後手を引くところで音色に表情を付けているんだろうなとか思えたところが発見と言えるか。
瀬尾君のベースによるテーマ提示をピチカートとボウイングの双方を駆使して奏でる場面が多かった印象で、両者のテーマ演奏とバッキングとを楽しめたという意味でも、良いバランスの演奏。
両者の持ち味である硬質な響きを生かしながら、コロコロとよく歌うフレーズをたっぷりと楽しませてもらいました。

2ndセット後半の 隠微なテンションで奏でられたInvitationが、特に良かったw


ただ、今回はお客さんが少なく、5~6人程度。3連休初日はどうしてもこうなってしまいます。
次回は、来年4月だそうです。
が、その前に3月に、林さんとのデュオ、芳垣さんとのデュオと2回予定が入っています!!

今回は、翌日が控えていたので、あまり長居せずに辞してきて、お2人との会話もしなかったが、前回聞いていた新刊の状況がどうなっているか、実は気になっていた..。

Ralph Towner "Open Letter"



Ralph Townerも個人的には縁の薄い人で、ECMレーベル自体を積極的にいろいろ聴いていないからというのもあるが、Ralph Townerもオリジナルも名前だけは知っているoregonとかも、ちょろっとは聴かせてもらっているはずだが琴線には触れなかったようで、いろんなアルバムを聴いてみようと思った記憶はなし。

自blogを漁ると、Paolo Fresuとのデュオ作だけが出てきた。
 "Chiaroscuro"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59124497.html)

本作は、1992年の作品で、これもなんらかのきっかけがあっての聴取ではなく、
先日図書館の棚を眺めていて目について、聴いてみるかと手に取ったものであります。

メンツは、ほぼソロで、数曲でPeter Erskineのドラムが入ってくる。
Ralph Towner(G,Synth)、Peter Erskine(Ds)

8曲のオリジナル、1曲のPeter Erskineとの共作、有名曲2曲という構成。
1. The Sigh
2. Wistful Thinking
3. Adrift
4. Infection
5. Alar
6. Short 'N Stout
7. Waltz For Debby
8. I Fall In Love Too Easily
9. Magic Pouch
10. Magnolia Island
11. Nightfall

シンセサイザーによる持続音を漂うように静かに鳴らす上に、訥々と美旋律を乗せていく不思議な雰囲気を漂わせる1曲め。
3曲めのパルシブなサウンドを散りばめたうえでの流麗なフレーズ、テンポ感は、ちょっと意表をつく展開(先入観がうえに..)

このアルバムについては、数曲で出てくるシンセサイザーによる持続音、パルス音等による効果音が効いている部分が多々あるが、聴き進めていくと6曲めを露払いとした、有名曲2曲が強烈な美意識に裏打ちされた演奏で、ここで一気に空気が変わるというか、見事な演奏にひれ伏すしかなくなる。
後半は、またシンセの入った演奏に戻りまして、10曲目のちょっとポップな演奏でまた雰囲気が変わってこちらも素晴らしい演奏を楽しめる。

シリアスでダークなギタースタイル、淀みを感じない響きの美しさ、リリシズムの極みとでも言いたくなるようなギターサウンド。
Ralph Townerならではの美意識に裏打ちされたと、今さら自分が言わなくても良いんですが、好きな人には強烈にはまるサウンドなんだろうなと思った次第であります。
個人的には、たまに聴くのが気持ち良い塩梅でありましょうか。

なんだかんだ、この盤のベストは7曲目に尽きるんでしょう。

Ralph Towner "Open Letter"(https://www.amazon.co.jp/dp/B0000263S8/)

Paul Bley "Plays Carla Bley"




Paul Bleyというと、個人的にはblogで紹介している
 "open to love"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/44695369.html)
に尽きるような印象があって、他にも数枚は所有したり聴いたりしていると思うが、どうにも、先入観ができてしまっているようなところがあります。
ダイジェスト的に聴くには、1/3にNo Trunksで 命日の特集をやってまして、今年は行けませんでしたが、昨年は行って聴いています。

今般、本田珠也率いるICTUS Trioが、Carla Bleyの曲を多く演奏するアルバムをリリースしましたが、そのアルバムの素晴らしさにヤられている身としては、そのオリジネーターと言えそうなところの、Paul Bleyが演奏するCarla Bleyの曲集(https://www.amazon.co.jp/dp/B0763Q2DRL/)と、そのPaul Bleyのピアノ演奏を堪能するためにスタンダード集(https://www.amazon.co.jp/dp/B01HEAFZNU/)とを借りてきて聴いた次第であります。

ことの発端になった作品も紹介しておきます。
 "ICTUS" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64398605.html)

本作は、1991年録音、1992年にリリースされたCarla Bley集。レーベルは、SteepleChase。
オリジナルは10曲で、CD化するときに7曲追加され、オリジナルが3曲加わっているよう。

メンツは、以下の通り。
Paul Bley(P)、Marc Johnson(B)、Jeff Williams(Ds)

演奏曲は、タイトルの通りCarla Bleyの曲になります。
上記"ICTUS"では、この中の3曲が披露されています。参考に印(*)を付けておきましょう。
1. Vashkar *
2. Floater
3. Seven
4. Around Again
5. Ida Lupino
6. Turns
7. And Now The Queen *
8. Ictus *
9. Olhos De Gato
10. Donkey

そもそもが、Carla Bleyの曲が、Paul Bleyの演奏の一番良いところを表出するのに好適なものなんでしょう。
曲の雰囲気と、演奏の雰囲気が見事に合致していることがよく感じられる。

Jeff Williamsのシンバルを基調とした演奏が温度感を下げ、全体の雰囲気を透徹なものにしている。

Marc Johnsonも、我慢して音数を必要なだけにとどめているような演奏。
空間が演奏をキリリと締めていることをよく理解しているんだと思う。
その分、ソロではしっかりとした自己主張のある演奏で、うまさを見せつける。

しっかりとしたタッチで弾くときはしっかり弾きき、弾かないときはしっかり引く抑揚をつけたPaul Bleyのピアノ。
演奏自体の温度感もそう低いわけではないとは思うが、それでも、要所で見せる独特なフレーズとか、曲の展開とかが温度感を低く感じさせ、ある種の孤高感を醸し出している。

そういう感覚も、Carla Bleyの曲が故に引き出されているんじゃないかと勘ぐるが。

前述のとおり、このアルバムを聴くきっかけになった、同じCarla Bleyの曲を演奏しているIctus trioの、本田、佐藤、須川の3者の美意識に裏打ちされた演奏も本作を凌駕している部分をも感じさせるから、あのトリオはやっぱり凄い。

ベストは、ベースが格好良い8曲めにしましょう

Paul Bley "Plays Carla Bley"(https://www.amazon.co.jp/dp/B0763Q2DRL/)

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

アルバム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

oza。

Author:oza。
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
53位
アクセスランキングを見る>>