Latest Entries

Petros Klampanis "Chroma"




ギリシャ人ベーシストのPetros Klampanisのリーダー作を買うのはこれが2枚目。
前作は、
 "Minor Dispute" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63589531.html)
前作も、Gilad Hekselman、Jean-Michel Pilcというメンツ買いをしてますが、今回もGilad Hekselman、Shai Maestroというメンツ買いです。
編成も前作と大きく変わらず、ピアノ、ギターのカルテットに弦楽器のアンサンブルが加わる構成。
今回はさらにパーカッションが入りリズム強化しているところと、Jean-Michel PilcがShai Maestroに変わっているところが特筆事項。
かくいうメンツは以下の通り。
Petros Klampanis(B,Vo)、Gilad Hekselman(G)、Shai Maestro(P)、John Hadfield(Ds,Per)、Keita Ogawa(Per)
Gokce Erem(Vln)、Megan Gould(Vln)、Eylem Basaldi(Vln)、Migen Selmani(Vln)
Carrie Frey(Viola)、Peter Kiral(Viola)
Colin Stokes(Cello)、Sam Quiggins(Cello)

演奏曲は、ギリシャ人ピアニストSpyros Manesisのオリジナル、Gilad Hekselmanのオリジナル各1曲と、他はPetros Klampanisのオリジナル。
1. Chroma
2. Touch Decisions
3. Little Blue Sun
4. Cosmic Patience
5. Cosmic Patience (Intro)
6. Shadows
7. Shades of Magenta

しっかりビートの効いた変拍子を基調としたサウンド。
ピアノとギターが旋律楽器で即興楽器として、暴れまわる。
その、縦横無尽な演奏が、最近の注目株であるGilad HekselmanとShai Maestroと言うんだから、贅沢極まりない。
当然、その期待を裏切らない演奏をたっぷりと披露しているので、満足度も充分なもの。

リズムも一筋縄ではいかない結構凝ったものでありながら、さらに弦楽器が入ることでハーモニーをもより複雑にして、完全に一筋縄ではいかないサウンドを作り上げている。
が、聴いてる範疇では全然難解さを感じさせず、心地良さをもたらすのは昨今では当然のこと。

宣伝文句にラージアンサンブルという語が入っているが、これまでのラージアンサンブルと言うと、木管楽器多めの変則的楽器構成で面白いサウンドを聴かせていたものが多いが、この編成は管楽器無しなので、前述のいわゆるラージアンサンブルとも雰囲気が異なり、かなりしなやかな雰囲気を感じさせるものに仕上がっている。
そのしなやかなサウンドの上で即興するいろんな音色のギターがまた映える。

楽器編成からも前作の延長線上にある作品で、今後もこの路線で作品を作ることで独自スタイルを発展させていくことを期待しています。

ベストは、1曲めにしましょう。


Petros Klampanis "Chroma" (https://www.amazon.co.jp/dp/B01N129BXF/)

仮BAND "仮音源"




仮BANDは、Baby Metalのバックバンドでありまして、Baby Metal人気とともに注目されてきているようです。
もっとも、バックバンドとしてはスケジュールの都合等でメンバーは入れ替わっているようですが..

本作は、そんなバンドメンバーが作ったインストアルバムという位置づけで、たぶんBaby Metalでの演奏の凄さが話題になっていたからなんでしょう。

Jazz-Fusionのカテゴリにあったので目について、値段がそこそこ手ごろだったのと、クーポンがあったのとで聴いてみるかと思った次第。
ちなみに、仮BANDがBaby Metalのバックバンドであることを知っていたのは、桑原あいが客演しているという情報を知ったことから。

メンツは中心メンバーが3人で、それにゲストが入ってくる。上述の桑原あいも客演してます。
Mikio Fujioka(G)、BOH(B)、Yuya Maeta(Ds)
Yoshihiro Tsujimoto(Sax:1)、Yuya Tanase(Tb:1)、Yosuke Kobayashi(Tp:1)
Tatsuya Nishiwaki)Key:2)
ISAO(G:4)
Ai Kuwabara(P:5)

演奏曲は、仮BAND名義の全部オリジナル。
01. Common time's Logic
02. Chuku
03. 忍者Groove
04. Djentleman
05. Jamrika
06. Snowflakes

キーボードによる大仰なイントロからホーンアンサンブルが入って重厚感を盛り、象徴的なギターの音色が厳かな雰囲気を感じさせる。
かてて加えて、早いリズムにドロドロと言いたいような低音が拍車をかける、いかにもヘヴィメタというサウンド。

6曲入りのミニアルバムではあるが、立て続けにそんなサウンドが出てくる歌のない(歌謡曲じゃなくて)ヘヴィメタといった趣き。

全般的には、ヘヴィメタコーティングがされてて判りにくいが実はかなりの難曲が並んでいるよう。
だが、さすがにスタジオミュージシャンだけあって
きっちりしっかりした演奏を聴かせ、テクニック的に完璧な演奏ではあるが、テクニック偏重ではなく、また夾雑的暴力的なサウンドでもないので、日本のフュージョンが苦手な耳(自分のこと)にもあまり拒絶感なく聴けるサウンドにはなっている。

5曲めでは、ピアノソロギターソロと続くが、ピアノソロをそつなく聴かせ(自分は桑原のピアノがあまり好きではないようです。)、ギターソロはロック色濃厚と、腐れジャズもの(自分のこと)はこの辺でも唸らせる感じではない。

Baby Metal好きのジャズファンってのが、周囲に少なからずいるようなのだが、この演奏から少なからずなんらかの納得する要素を感じている気はしてはいるかな。

ベストは4曲めです。


仮BAND "仮音源" (https://www.amazon.co.jp/dp/B06X9XDRJK/)

永武幹子、吉良創太 独壇場+ (20170415)




年に何回か、月曜日の21時から「独壇場」というタイトルでライブを行っており、おもに若手奏者を主役にソロだったり、デュオだったりとライブを行っています。
月曜なので基本的には行けない(行かない)のですが、見たいライブがあったときは、翌日休みがとれたら赴くという程度で、これまで4回見てるはず。
うち3回は記事にしてます。3~4年に1回程度ですね(汗) 1回めは誰を見たんだろう..(忘却)
 スガダイロー (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/58145579.html)
 石田幹雄 (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61366288.html)
 纐纈雅代、原田依幸 (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63727748.html)


今回から、纐纈さんにかわって、永武さんが独壇場に登場です。
その1回目は、ドラムの吉良さんとのデュオ。

吉良さんは、notrunks初登場だそう。
永武さんも、ドラムとのデュオは初とのこと。(パーカッションとのデュオは演っているそうだが..)


ピアノを定位置から左に移動して、ピアノの位置にドラムを配するセッテイング。
最近、ノートラでピアノ入りの小編成を聴いていないから知らなかったが、最近はこのピアノの置き方が多いらしい。
実際、ピアノが良く鳴っていたような気がする。


ライブは、永武さんが普段あまりやることのないらしいフリーインプロから。

永武さんのピアノの、左手でガンガン叩ききる低音が圧巻。
特に小指から繰り出す最低音の迫力がもの凄い。 思わず、どんな小指なんだ⁉︎と、触らせてもらおうかと(嘘)
全体にも、強タッチでありながらよく歌うスタイルが素晴らしい。
そんな弾きまくりの演奏から、ストライドとかオールドスタイルの演奏をすると合いそうだなぁとか思いながら聞き惚れてました。

吉良さんのドラムは、ブラシ、マレット、スティックをこまめに持ち替え、曲の展開に合わせ、合わさせ、微妙にサウンドコントロールしていたのが印象的。

演奏曲は、この後、トラディショナル、カーラブレイ、青の洞窟、if I were a bell、エリントンというセットだつたと記憶。
曲調としては緩急織り交ぜた構成だったが、演奏は全体にアグレッシブな展開で、そのアグレッシブな演奏の凄さにやられた感じ。
特にif I were a bellで、ベルの4音の後、しばらく激しいフリーインプロが続き、早めのテンポのテーマになだれ込むというアレンジが、こう来たかー!って感じで面白かった。

最後、アンコールにも答えてくれて、1時間弱のライブ終了。

月曜の夜ってことでお客さんは少なく、4人だったが、とっても濃い良い演奏を堪能させてもらいました。

次回独壇場は、8月に開催予定とのこと。
その8月に、トリオ、ヤムヤムズも予定されていて、高頻度に登場だそうです。

"Landed In Brooklyn" Julian & Roman Wasserfuhr



最近多いリーダーは知らない人をメンツ買いしている、これもその一環での購入。
Julian & Roman Wasserfuhrはドイツ人の兄弟で、同じACTレーベルから過去に4枚のリーダー作をリリースしている。
肝心のメンツ買いの対象は、残りの3人でDonny McCaslin、Tim Lefebvre、Nate Woodという布陣で、Donny McCaslinとTim LefebvreはDavid Bowie盤(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63600921.html)、Tim LefebvreとNate WoodはWayne Krantz盤(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62913031.html)で聴いている組み合わせ。

ということでメンツは以下の通り。
Julian Wasserfuhr(Tp, Flh)、Roman Wasserfuhr(P,Marimba)、Donny McCaslin(Ts)、Tim Lefebvre(B)、Nate Wood(Ds)

演奏曲は、4曲め(Tokio Hotel)、8曲め(Sting)を除いて、残りはJulian & Roman Wasserfuhr名義のクレジットになってます。
1. Bernie’s Tune
2. Tutto
3. Tinderly
4. Durch den Monsun
5. Carlo
6. S.N.C.F.
7. Ella
8. Seven Days
9. First Rays Of Dawn

単調でしっかりとしたリズムをピアノ,ベース,ドラムの3者で奏でるなか、メロディアスなテーマをトランペットがたぶん譜面通りに奏で、その周囲をサックスが即興で埋めるような布陣の役割分担から、リズムが変わったところで、ピアノソロ、トランペットソロと続く1曲め、4曲め。。。
と、これがこのバンドの基本作法と言う感じ。これが実に効果的で格好良い。

全体に、ビートがしっかりしているうえに曲自体が全然難解でなくメロディアスで歌詞がそのまま乗っかるんじゃないかってくらいポップな曲調が並ぶ。
なので聴いていて非常に心地良いが、演奏自体は聴き応えのあるもので侮れない。

目当てのDonny McCaslin、Tim Lefebvre、Nate Woodが良い演奏をしていて満足度が高い。
とくにTim Lefebvre、Nate Woodのリズムの強靭さがポップな曲に骨格を与えていて、ここがしっかりしていることで演奏の強度が増していると感じられる。名手の名手たる所以。

Donny McCaslinが重鎮ゲスト的に要所を任されており、その期待に応えるだけのパフォーマンスを繰り広げていて、とくにモーダルな4ビートな3曲めでのTim Lefebvreのアコベウォーキングを従えたソロの格好良さとか、複数曲で長いソロをとり、満足度が高い。

主役の2人もその3人の演奏に負けておらず、Julian Wasserfuhrはフリューゲルホーンを多用していると思うが、その柔らかい音色が曲調によくマッチし、ソロも前述の3曲めとか4曲めでもDonny McCaslinに続いて出てくるが全然負けていない。
ピアノのRoman Wasserfuhrは、リズムの一翼を担う反復フレーズからコンテンポラリに映えるソロフレーズまでとセンスの良い演奏を聴かせ、さらに4曲め、9曲めではMarimbaを効果的に使い、8曲めではギターまがいのフレーズをSeaboardという楽器でこなす。こういう音使いのセンスも素晴らしい。

ベストは、2曲めにしましょう。


"Landed In Brooklyn" Julian & Roman Wasserfuhr (https://www.amazon.co.jp/dp/B01N9929EZ/)

Yaron Herman "Y"




Yaron Hermanは演ってることがなんだか気になる存在ってことで、アルバムが出ると手が出てしまいます。
前作は、一昨年(2015年)秋のベースとのデュオ作。
 "Everyday"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63450223.html)
その前が2管のクインテットだったので、ここでトリオ構成とシンプルなものに立ち返ったと、表面上は見えます。

メンツは以下の通り。3曲でゲストが入るのが気になるところ。
Yaron Herman(P)、Bastien Burger(B)、Ziv Ravitz(Ds)
Matthieu Chedid(Vo,G:4)、Dream Koala(Vo:7)、Hugh Coltman(Vo:9)

演奏曲は以下の通り。共作もあるがおおざっぱにYaron Hermanのオリジナルと言って良さそう。
01. First Dance
02. Legs to Run
03. Phoenix
04. Saisons Contradictoires
05. Jacob
06. Silhouettes
07. Solaire
08. Side Jump
09. The Waker
10. Spark
11. Fun Groys Dasad
12. Dreamson

ピアノとその逆回転音のイントロから、息を吸い込む音(これ、けっこうインパクトある)が入って本編に突入。
クセのある8/6拍子ぽい中東色をそこはかとなく感じさせながら幻想的ともいえそうな作風で、エコーのかかったボイスが入ったり、ベースはシンセベースだと思うがけっこうな低音がブーとかボーとか言ってるのが印象的。
2曲めはピアノで左手3音だけのミニマルなリズムのイントロがちょっと長めに続いたあと、低音(ここもシンセベース)が入って重厚感が増し、ドラムが入ったところで躍動感が出てくるちょっとドラマチックな曲。

3曲でゲストが入るが、基本はピアノトリオフォーマットでの演奏なんで、オーソドクスに Yaron Hermanの音世界が展開されるかと思いきや…。
音作りとしては、単調で印象的なリズムに上記の通りシンセベース、いろんな電子音、電気的に加工された音を効果的にかぶせて、新しい響きを創出してきているような作風。
とはいえ、しっかり時間をとったソロはちゃんとあるし、そのソロで唸るというより歌ってたりとジャズな展開もしっかり出してくる。
と、一筋縄ではいかない作品。

後半はビートのしっかりしたThe Bad Plusみたいな曲と、ビート感薄いボイス入りの曲がほぼ交互に出てきて終焉に向かう。
と言う感じなんで、おもしろいのは前半ってことになるのかなぁ。


ベストは、3曲めにしましょう

Yaron Herman "Y" (https://www.amazon.co.jp/dp/B01N5TMIVU/)

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

アルバム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

oza。

Author:oza。
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
781位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
36位
アクセスランキングを見る>>