Latest Entries

"LIVE IN MONTREAL" Hiromi Uehara, Edmar Castanneda




上原ひろみの新作です。
実は、彼女のことを絶賛しているわけではないのですが、結果的にデビュー作から全部買って聴いていることになります。
当初、気に入っていた山中千尋は途中で買うのをやめてますし、他にも1枚買ってその後が続かない人も、そもそも1枚も買ってない人もいるわけですから、そういう意味では、なんらかしら気になる存在であり続けていたというのは間違いのないところでしょう。
もっとも、最近はだいぶ好感触な印象になってきてまして、演奏を楽しみにしている部分があるのも事実ではありますが..

本作は、これまでのトリオでの演奏ではなく、ハープ奏者のEdmar Castannedaとのデュオ作。
Edmar Castannedaは、コロンビア出身で、現在はニューヨーク在住の南米のハープ"アルパ"奏者で、世代的には上原とほぼ同じよう。
残念ながら、開催中止になった"Blue Note JAZZ FESTIVAL"で、生の演奏を聴く機会があったようですが..。
Hiromi Uehara(P)、Edmar Castanneda(Harp)

演奏曲は、上原のオリジナルがMoonlight SunshineとThe Elementsの組曲4曲分、Edmar Castannedaのオリジナルが2曲
に、John Williams、Astor Piazzollaで全部で9曲。
1. A Harp In New York
2. For Jaco
3. Moonlight Sunshine
4. Cantina Band
5. The Elements: Air
6. The Elements: Earth
7. The Elements: Water
8. The Elements: Fire
9. Libertango

ハープって事で予想していたサウンドはいわゆるクラシックを聴いててたまに出てくるあのハープの音であったわけだが、本作で出てきたハープの音は特有の響きの重なりもほぼなく、ゆったりたゆたうようななんて雰囲気を微塵も感じさせず。
一般的に弦楽器と呼ばれる楽器のようなサウンド(なんというか、固有の楽器を想起しないというか)で、キレの良い早いフレーズなんかもある、想像してなかったサウンドにちょっと面喰らうほど。

クラシックのガッドギターのように、フォークギターのように、ジプシーギターのように、ピアノの弦をはじくように、琴のように、あるいはなんとも形容できないような、というサウンドが鳴り響く。
きっと、これらの楽器では再現できないテクニックも含まれるんでしょうがそこまではよく解らない。

そして、実際の演奏は、上原の早いフレーズに負けない早いフレーズをも披露しつつ、最近の上原で聴かれるエモーショナルなサウンドにもしっかり追従し、テクニック面でも表現力の面でも引けを取らない演奏で、上原と良いコンビネーションを繰り広げる。

もしかしたらエモーショナルな表現はEdmar Castannedaからの影響が大きいのかも。
しっかりとキレの良いサウンドの演奏は、予想以上に密度の濃い演奏で、満足度が高い。

ライブらしく、余興的な演奏をも織り込んで、両者ともなんとも楽しそうに演奏しているさまが、ありありと感じられるようなサウンドで、聴いてるこちらもうきうきしてくるような感じ。

ベストは、4曲めにします。

"LIVE IN MONTREAL" Hiromi Uehara, Edmar Castanneda(https://www.amazon.co.jp/dp/B074TY8RK4/)

"Open Book" Fred Hersch



ここのところ、Fred Herschも出たら買う状態に突入していますが、いずれの作品もクオリティの高い素晴らしい演奏を楽しませてもらっていまして、それどころか近年調子がまだまだ上がっているようにすら感じられるくらい。

これまでの紹介の全貌が以下の通りです。
ここ数年は毎年リリースで、ソロとトリオを交互に出しているような感じか。
 "live at the Village Vanguard"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/42519413.html)
 "Alive at the Vanguard"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61559678.html)
 "Alone at the Vanguard"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61865504.html)
 "Free Flying"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62298826.html)
 "Floating"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62756816.html)
 "solo"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63454596.html)
 "Sunday Night at the Vanguard"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63875820.html)

本作はソロ作で、2016年に韓国でライブ録音された4曲目"Through The Forest"が発端で、
この曲を中心として、後日残りの6曲を(どうやら同じホールで)録音したもの。
Fred Hersch(P)

演奏曲は以下の通り。Benny Golson、A. C. Jobim、Thelonious Monk、Billy Joelにオリジナルを
加えたもの。
Through The Forestは、19分超の大作。
01 The Orb
02 Whisper Not
03 Zingaro
04 Through The Forest
05 Plainsong
06 Eronel
07 And So It Goes


Fred Herschのもの凄く綺麗でありながら、粒立ちの良い、はっきりとしたサウンドを少しのホールトーンを伴った録音で収録したピアノの音色だけで惹きつけられるものがある。

その綺麗な音色から紡ぎ出されるフレーズは、美麗なもの、スピリチュアルなもの、ドロドロとした低音基調、ガツンとくる打音、さらりと流れるような旋律、キラキラした高音の羅列、優しく撫でるような音の流れ…。
ときに旋律を慈しむように、ときに荒削りな気配を見せと、縦横無尽、変幻自在、硬軟強弱織り交ぜて、と言いたくなるような表現の幅の広い演奏で彩る。
それでいて演奏の雰囲気は一貫している。

ソロピアノで、曲調を大きく変化させずにこれだけ飽きさせず聴かせる人はあまりいないんじゃないかと思わせる見事な表現力を見せつけた作品。

印象としては、前作より挑戦的だったりアグレッシブだったりするアプローチが増えたように感られ、それが上がり調子であることを想起させる。

ベストは、6曲めでしょう。

"Open Book" Fred Hersch (https://www.amazon.co.jp/dp/B071RPD3V1/)

"Signs Live!" Peter Bernstein




Peter Bernsteinのリーダー作は、最近では出たら買いしていますが、オーソドクスで安心して聴いていられるスタイルでありながら、惹きつけられる魅力を感じさせる演奏に個人的にはヤられている感じでしょう。

前作は、Gerald Clayton、Doug Weiss、Bill Stewartという中堅どころを揃えたカルテットでのアルバムで、約1年前のリリースだった下記。
 "Let Loose"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63845911.html)

邪推すると、前作の紹介文で自分もアコピが相性が良いと書いている通り、Peter Bernstein自身もアコピでのカルテットでの演奏が合っていると感じて、本作では同じ編成でありながらメンツを豪華な面々に替えてきたと勘ぐるのだが..。
しかし、Brad Mehldau、Christian McBride、Gregory Hutchinsonってのは贅沢な編成とつくづく感じる。
Peter Bernstein(G)、 Brad Mehldau(P)、Christian McBride(B)、Gregory Hutchinson(Ds)


演奏曲は、オリジナルが大半で、3曲Thelonious Monkの曲を入れた全部で11曲。

Disc 1
1. Blues for Bulgaria
2. Hidden Pockets
3. Dragonfly
4. Jive Coffee
5. Pannonica

Disc 2
1. Useless Metaphor
2. Let Loose
3. All Too Real
4. Resplendor
5. Crepuscule with Nellie / We See
6. Cupcake


メンツを見て短絡的に、ギター、ドラムの保守 対 ピアノ、ベースの革新の争いを想起したが豈図らんや、オーソドックスな演奏に程よく現代的なテイストを織り交ぜたバランス良くとても気持ちの良い演奏に仕上がっている。

リーダーのPeter Bernsteinが保守系なので、演奏の根本がオーソドクスになるのは当然で、曲は4ビートを中心に8ビートを織り交ぜたような感じで変則的な拍子も多少紛れているか。

ドラムがきっちりとしたビートを叩きだすのは実にGregory Hutchinsonらしい、Peter BernsteinがPeter Bernsteinらしさの真骨頂と言えそうな王道フレーズで攻め続けるかと思いきや、Brad Mehldauの演奏に感化されてか、少し前のめりなフレーズを交えたギタースタイル。

逆に、Brad Mehldauがオーソドックスな展開を織り込んだ演奏で一聴Brad Mehldauぽくないなぁと感じさせる場面すら散見されるバッキング。
それでもピアノがソロをとる場面では、ドラムにリズムを任せベースの強力なビートに乗って奔放な即興を繰り広げる。
さすがに全体の雰囲気を壊すまでは行かないが革新の底力を見せつける。

メンツが凄いからというのもあるが、相性が良いアコピカルテットで素晴らしいパフォーマンスを
聴かせてくれる。
これが、これまでのPeter Bernsteinのベスト作と言っても良いんじゃないか?

ベストはdisk2の3曲めでしょう。

"Signs Live!" Peter Bernstein (https://www.amazon.co.jp/dp/B072M57S55/)

"Vada Taudia" Aaron Choulai




Aaron Choulaiの約10年ぶりのジャズ作品。
Aaron Choulai言うところのメルボルンスタイルという独特な作曲方法で作られた作品とのこと。

そもそもAaron Choulaiを知ったのは吉本章紘の下記リーダー作を聴いて、そのピアノスタイルに妙に惹かれたところで名前を覚えたのが馴れ初め。
 "Moving Color" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63339524.html)
しかし、今見ると凄いメンツのバンドだなぁとあらためて感じるところ。ベースの須川が最近メキメキと人気を上げてきているのが特筆事項でしょう。

その後、このアルバムのメンツに非常に近い石若駿のリーダーバンドを観に行っていて
 石若駿Quartet(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63372052.html)
そのときのバンドメンバーが、ピアノがAaron Choulaiではなく高橋佑成でして、ここで高橋佑成を知ったというふうに繋がっていくわけで、こういうのが面白い。

メンバーは現行の日本のジャズシーンでも注目のプレイヤーにオーストラリア出身の20代ミュージシャンを加えた2管クインテット。
Aaron Choulai(P)、James Macaulay(Tb)、Marty Holoubek(B)、Yoshimoto Akihiro(Ts)、Ishiwaka Shun(Ds)

演奏曲は、8曲めが有名曲で、他はAaron Choulaiのオリジナル。
01. ATO 23.5
02. KOREMA
03. IS
04. ORE NO MONO WA ORE NO MONO, OMAE NO MONO MO ORE NO MONO
05. VADA TAUDIA
06. PIG AND FISH
07. ABRACADABRA, HOLES IN YOUR FISHING BOAT
08. TENNESSE WALTZ

冒頭、Ornette Coleman調のテーマを持った曲で、これでクセのあるアルバムだなと予感させる。
全体的にちょっとダークな気配を感じる曲調が多めで、2管でのテーマからヘヴィな印象を受けるが、ソロになると徐々にテンションがあがってきて、各ミュージシャンの良いところが聴けているという認識。

吉本のサックスが前掲リーダー作の時よりも表現の幅が広がったような印象で格好良いフレーズをたくさん聴けて満足度が高い。

Aaron Choulaiは、派手な立ち回りをするって感じではないし、ソロで前面にでる頻度が高いわけでもないのだが、妙に惹かれる演奏をして耳を持ってかれるのは初めて聞いた時と同じ印象。
演奏するフレーズの幅と奏法の幅が広く、変幻自在というかなんとも独特な演奏を聴かせる。
音色もきれいなんでしょう。

ドラムが石若駿なんで、ビートが複雑なものが多く一筋縄ではいかない雰囲気に拍車をかける。
ここでの石若もとんでもない演奏をしています。

最後のTENNESSE WALTZ はAaron Choulaiの朴訥としたソロで聴かせる。これがまたちょっといい雰囲気で素晴らしい。

ベストは6曲めでしょう。

"Vada Taudia" Aaron Choulai(https://www.amazon.co.jp/dp/B073XKDNKF/)

南博、瀬尾高志 デュオ (20171006)



本年6月に続いての、南博、瀬尾高志のデュオです。
前回の記事は下記のとおり。
 "南博、瀬尾高志 デュオ (20170602)"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64153299.html)

今回は、しっかりと雨が降っていたので、雨宿りにも兼ねて少し早めに会場入り。
ライブは、20時を10分も過ぎたあたりで開演。

楽器のセッティングは、前回同様のピアノを左側まで移動したステージセッテイングで、はずせる板は
全部外れていたと思う。
今回はベースにアンプ入ってなかったように見えたが、はてさて。

前回は、南さんがピアノの前の椅子に座った途端にポロンポロンとピアノを弾き始めるスタートだったが、
今回は、ほぼ曲ごとに簡単な曲紹介をしてから演奏を始める。

演奏曲は、Thelonius Monk, Billy Strayhorn等を絡めながら、南さんのオリジナルを多めに演奏。
1stセットが40分くらい、2ndセットが45分くらいに、アンコールにも答えてくれるという、ちょっと短めではありますが、充実したライブでありました。

今回のライブでは、南さんのピアノも硬質な響きを感じる場面が多く、その硬質な音を前面に押し出したフレーズとタッチを柔らかくコロコロと歌うフレーズとを自在に使い分け、ときに足で床を叩いてインパクトを与えと、南節たっぷりのピアノをたっぷりと開陳。
瀬尾君のハードなピチカートに、ボウウイングサウンドと相まって、ハードだけどとても心地よい演奏を繰り広げる。
そして、エンディングで数音ピアノが入るパターンを多用していたが、これが何ともユーモラスで、個人的にはとても心地よく楽しんでました。
そういう意味では、アンコールの終わり方もまた秀逸でありましたw

この2人のライブをこれで2回聴いたことになるが、ドラムを入れなかったのは見事な判断で、ピアノ、ベース双方の打音だけで充分なインパクトを得られていていて、最高のバランスがとれていると思う。
南博(P)、瀬尾高志(B)

次回は、来年2月だそうです。
と、南さんの新刊準備中だそうです!! 楽しみに待ってます!!

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アルバム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

oza。

Author:oza。
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1009位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
40位
アクセスランキングを見る>>