Latest Entries

DUB(ドクトル梅津バンド)(20170818)



ドクトル梅津バンドを見るのは、2011年5月(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60521667.html)、2016年4月(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63660071.html)以来の3回め。
毎回、きっちり見れてるわけではありませんが、高頻度で見てるとは思います。

この4人が揃うのは年1~2回とのことで、今年はたしか梅津さんが新宿Pit Innでやってるプチ大仕事でも
1回やっていたと記憶しているが..。

ドクトル梅津バンドは1981年結成なので今年で結成36周年、1987に解散しているので解散29周年。
現在の活動で新曲が出てくることもないので、活動中というよりは再開セッションという位置づけになるよう。
それでも、このメンツでの演奏を聴けるのはかなり貴重な機会だと思います。
40人限定の事前予約制で、予約でいっぱいになってたので、この演奏を聴きたい面々はかなりいるということです。

メンツは以下の通り。
ドクトル梅津バンド=DUB=梅津和時(As)、片山広明(Ts)、早川岳晴(B)、菊地隆(Ds)

19:20頃お店に赴いたところ、7~8人がお店の前に並んでまして、風が通らない場所で蒸し暑いなと思ってたら、開場が5分早まりました。
ちょうど、入り口横の最前列が空いてたんで、そこに着席。この席でライブを見るのは初めてかも。

1stセットは定刻のほぼ10分遅れ。2ndセットは21:20頃から。
向かって左手前が片山さん、奥が菊地さん、中央奥に早川さん、右手前が梅津さんという立ち位置。
梅津さんは、山高帽に赤フレームのメガネ(レンズなし)、菊地さんは黒い布頭巻き、早川さんは赤い布頭巻きといういで立ち。

過去に2回見ているだけあって、おおよその展開は見知っていた(当然、忘却してるんで、「あぁ、こんなんあった!!」と思い出し続ける)わけではあるが..。
アレンジとか、余興とか、寸劇調だったりと、大枠は変わりのないもの、その場の勢いと気分でいろんなことがはじまるんで、聴き入り、笑ってと、見ていて飽きない。
当時のノリがそのままななんじゃないかと邪推したが、実際のところどうなんでしょう。

菊地さんの叩き出す強烈なビートにのっかって、早川さんのうねるベースが、迫力のロックなリズムを背景に2サックスの掛け合いが繰り広げられるというのは、なんだかんだ圧巻のサウンドでありました。
梅津さんは、アルト、ソプラノ、クラリネットの3本を従え、ときに2本くわえての大熱演。
片山さんだけが、早いフレーズについていけない。ブローが続かないとか、年齢を感じさせていたか。
最近聴いた中では相当頑張っていたとは思いますが..。
そういう意味では、梅津さんが驚異的な体力、肺活量の持ち主であるってことなんだとは思います。
片山66、梅津67、早川63、菊地?? ・・・ しかし、皆さんお若い!!

アンコールにも応えてくれて、1stセット1時間弱、2ndセット1時間強くらいの濃密な演奏を至近でたっぷりと味合わせてもらいました。

中央線ジャズを勝手な解釈で、ロックビートのうえで演歌フレーバー過多なフリージャズを演るジャズと思ってるんですが、ドクトル梅津バンドはまさにこの直球ど真ん中のバンドの1つであること間違いないです。

さすがに客層は高め。見た目の偏見から、たぶん忌野清志郎関連からのファンの人が多いんだと思います。

来年もライブを演る宣言をしてくれたので、それを楽しみに待ちたいと思います。

FORQ "FORQ"



少し前のアルバムでようやく聴けたのがあるので、その紹介。
これは、Snarky Puppyの中心人物であるMichael Leagueによる2015年のユニットで、個人的にはAdam Rogers目当てでの聴取になります。

メンツは、Adam Rogersは多く2007年の下記アルバムから4枚紹介しています。
"Time & The Infinite" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/48051691.html)
RudderのHenry Heyがキーボード。
 "Rudder" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/58969939.html)
 "Matorning" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59143101.html)
Jason Thomasはどうやら初聴き。
Snarky Puppyは1枚だけ聴いてます。
 "Live at Jazzfest 2016" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63942899.html)

という4人のユニットということになります。
Jason "JT" Thomas(Ds)、Adam Rogers(G)、Henry Hey(Key)、Michael League(B)

演奏曲は以下の通りの8曲。
01. Grout
02. Fire Song
03. Starchy
04. Mangata
05. Viridiana
06. Earflower
07. Stella
08. The Hard Way

これまでのAdam Rogersのイメージから打って変わって、タイトなサウンドをディストーションをかけたギターで繰り出してくる。
多彩な音色による色付けを施したキーボードがキレの良いフレーズを多用しながら音の厚みをつけ豪華なサウンドに仕上げていく。

というキーボードとギターをフロントに据えた単純なビートを強めに打ち出したノリの良さを強調するような曲と、ミディアムスローなテンポに美旋律なフレーズとを組み合わせた曲とが、ほぼ交互に半々くらいの比率で出てくる。
いずれも曲調としては陽性なもので、Jazz濃度よりFusion濃度濃いめの、さらっとしたロックテイスト強めのサウンドと言うのがあたっているか。

そんなのもあって個人的嗜好としては、どうしてもAdam Rogersのギターを楽しむのがメインとなってしまいますが、まぁしょうがないでしょう。


ベストは7曲め

FORQ "FORQ" (https://www.amazon.com/dp/B00N4XMFDU/)

Brilliant Monkies "Brilliant Monkies"




日本の若手ミュージシャンによる「モンク生誕100周年記念プロジェクト」での特別ユニット。
とはいえ、普段よく一緒に演ってる面々が顔を揃えているだけのような気もするが..。

かく言うメンツは、須川、石若は言わずもがなの引く手数多のベースとドラム。
西口はMegapterasのアルバム "Full Throttle"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64089086.html)で。
Aaron Choulaiは、吉本章紘のリーダー作 "Moving Color"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63339524.html)で、聴いている。特にAaron Choulaiは上記アルバムでしっかり名前を覚えたくらいのインパクトがあった。
広瀬、吉峯は初聴きのよう。

西口明宏(Ts,Ss)、広瀬未来(Tp)、石若駿(Ds)、Aaron Choulai(P)、須川崇志(B)、吉峯勇二郎(B)

演奏曲は、プロジェクトのとおり、Thelonius Monkの曲だけ。
01 Little Rootie Tootie
02 Round Midnight
03 Friday 13th
04 Eronel
05 Brilliant Corners
06 In Walked Bud
07 Theophilos
08 Panonica
09 Straight No Chaser

Thelonius Monkの有名曲を、日本の若手ミュージシャンがどれだけ新鮮に聴かせるか。
お馴染みの曲にどれだけ新しい魅力を盛り込めるかが、聴きどころでしょう。

ほぼ違和感のないテンポで、おおむねきっちりと4ビートを刻む、オーソドクスなスタイル。
という意味では、ストレートアヘッドでまっとうなジャズと言えそうだが、その演奏自体はけっこうブッ飛んでて、フレーズを変なふうにアウトさせ、フリー調な即興演奏を交えながら、それでいて元曲の雰囲気を壊していないところが素晴らしい。
Thelonius Monkの曲の雰囲気を強調したような作風に仕上げているとも言えそう。

須川、吉峯のツインベースが付かず離れずの間合いでウォーキングを決めて、リズムの厚みを出す場面。これが強力なグルーブを生み出しているのが格好良い。

Aaron Choulaiの繰り出すフレーズが、ちょっと独特な節回しでありながら、それでいて格好良い、面白いと思わせるもので、これが個人的には楽しくて..。
リーダー作は、近々リリースされる(https://www.amazon.co.jp/dp/B073XKDNKF/)ようだが、実は
生でも見れてない。

西口、広瀬の2管がフロントでありながら、あまり派手な立ち回りをしていない印象で、凡庸な演奏で物足りないと言いたくなるが。
実は元曲を冷静かつ忠実に再現しているのはこの両者の抑制を利かせた演奏があるが故で、個性の強い他の面々の良さを引き出すべく、理性をなくさずきっちりと演奏しているのが、このユニットの成功要因ではないかと勘ぐる。

ベストは1曲めでしょう。

Brilliant Monkies "Brilliant Monkies" (https://www.amazon.co.jp/dp/B072J1MPJ3/)

佐藤浩一 "Utopia"




昨年の年間ベストにリーダー作を挙げた佐藤浩一のデビュー作で、2011年にリリースされたもの。
ちなみに、昨年ベストに挙げたのは下記アルバム。
 "Melancholy Of A Journey" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63804663.html)

これは、某中古店を漁ってて見つけて買い込んできました。

メンツは、池尻、大村の3人によるピアノトリオなんですが、このメンツを良く眺めるとBungalowの3人なんですよね。後から気づいて、へぇ となりました。
そのBungalowのアルバムは
 "You Already Know" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64117379.html)

佐藤浩一(P)、池尻洋史(B)、大村亘(Ds)

演奏曲は、全て佐藤のオリジナルで全部で9曲
1. Egyptian Musk
2. Batristurgisism
3. Utopia
4. Vernal Flowers On A Rainy Day
5. Mirrored Mirror
6. Kinmokusei
7. Prayer
8. A Story Of The Night Of Snow
9. Long Winter And Hazy Moon

1曲め6/8拍子、2曲め4ビート、3曲め8ビートと、流暢に奏でるビート感のある演奏は、最近の佐藤のクールな雰囲気とは異なり、もう少しホットでメロディアスな演奏と言ったほうが似つかわしい感じの演奏。
旧来からのいわゆるジャズの延長線上と言いたいくらいなのは、昨今の佐藤の演奏と比較するから。

初期のこの演奏から、市野さん、橋爪さん、他の誰かからなのかわからないが多大なる影響を受け、それが糧となって、前述の自身の次のリーダー作や、橋爪さんの新作アルバム(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64159819.html)での、よりクールで魅力的な演奏へと繋がってきているんだろうなと、進化の前後を垣間見られたのが、本作を聴いての最大の収穫か。

多分、美意識、ピアニズムの根源はそう大きくは変わっていないとは思うが、その表現の幅というか、深さというか、が広がってきている印象で、確実に進化を遂げていることが明瞭にわかる。

大村のドラムが、表現力の豊かさとスウィンギーに煽るところと、格好良くバックアップを務め、さらに聴きどころをしっかり作ってくる。
その大村も、このアルバムの数年後?にインドに行って、タブラ等インド楽器の修行をしてさらに実力をあげてきている。

前述の通り、この3人のユニットの新作もリリースされ、まだまだ新しい音楽を聴かせてくれる期待感いっぱいである。

ベストは6曲めで。

佐藤浩一 "Utopia" (http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245561948)

Dave Douglas "Brazen Heart Live at Jazz Standard Saturday"




Dave Douglasの新作は2015年リリースの前作のライブ盤です。その前作は,,↓
 "Brazen Heart" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63510612.html)
と、よく調べたら"Brazen Heart"リリースの1カ月後に、このときの4日間のライブの全貌をまとめてリリースしていて、その中から土曜日の演奏だけを抜き出したのが本作という位置づけのようです。
 "Brazen Heart Live at Jazz Standard" (https://www.greenleafmusic.com/brazen-heart-live-at-jazz-standard/)

Dave Douglasは独自のレーベル(https://www.greenleafmusic.com/store/dave-douglas/)を持ってるから、以前から多作なんですが、"Brazen Heart"のあと4枚のリリースがあります。
で、このアルバムと同じタイミングでSteve Swallowの入ったアルバム"New National Anthem" (http://diskunion.net/jazz/ct/detail/1007403386)もリリースされてますが、これを含めて購入は見送っています。

メンツは、レギュラークインテットである下記5人。
Dave Douglas(Tp)、Jon Irabagon(Sax)、Matt Mitchell(P)、Linda Oh(B)、Rudy Royston(Ds)

演奏曲は、以下の通り。"Brazen Heart"のリリースライブとなっているがこちらからは半分程度。
他は、前作、前々作からの曲も演っているよう。
 "Be Still" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61582005.html)
 "Time Travel"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61959443.html)

Disk1
1. Hawaiian Punch
2. Time Travel
3. Be Still My Soul
4. Brazen Heart
5. Whither Must I Wander?
6. Lone Wolf

Disk2
1. Garden State
2. Miracle Gro
3. Barbara Allen
4. Inure Phase
5. Little Feet

元アルバムでは、個の力量というよりは、モーダルな曲調とアンサンブル等々作り込んだ演奏の面白さが大きな聴きどころをだったと理解しているが、そんな曲調を残しながら、フリーなアプローチを含めライブならではの良い意味での粗さが入りこむことで、とも熱気を孕んだ演奏。

テーマ部分は、元アルバムに則って、しっかり聴かせるが、ソロ部分は個々にじっくりと腰を据えて即興演奏するパートと、フロントに2管いるのをこれ幸いにと、Dave Douglas とJon Irabagon のバトル然とした演奏になだれ込む場面とありまして、もちろんやりあってくれたほうが当然エキサイトな演奏になるが、ソロでの即興も実は侮れない良い演奏を聴かせる。
この盤での大きな聴きどころは、このフロント2管による即興に尽きると言い切れるでしょう。

Linda Oh と Rudy Royston と、微妙に前ノリにきっちりと煽ってくるので、即興する側も自ずと熱を帯びざるをえないんでしょう。

元アルバムのモーダルな雰囲気に、ライブならではのフリーな要素を加味した熱い演奏は、ライブ盤の良いところが出た好アルバムで、新譜リリース直後に4日分を一気にリリースしたくなるのも理解できる。

ベストはdisk1の6曲めにしましょう

Dave Douglas "Brazen Heart Live at Jazz Standard Saturday"(http://diskunion.net/jazz/ct/detail/1007415800)

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

アルバム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

oza。

Author:oza。
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
33位
アクセスランキングを見る>>